<< 鹿男あをによし | main | 「雲のむこう、約束の場所」 complete book >>
2009.10.17 Saturday

鴨川ホルモー

0
    「鹿男あをによし」の作者、万城目学氏のデビュー作。
    不思議で、お馬鹿で、ちょっぴり切ないファンタジー。

    主人公の安倍は、食費節約のために出席した京大青竜会の新歓コンパで出会った早良京子に一目惚れ。彼女に会えるという理由だけでこのサークルに入会してしまう。しかし、そこは「ホルモー」という怪しい競技を競うサークルだった。

    「ホルモー」とは、京大青竜会、京産大玄武組、龍大フェニックス、立命館白虎隊の間で代々競われている(身長20cm程度の小さい)オニを使役して戦うという怪しい競技の名称。なぜ「ホルモー」と呼ばれるのか?後に主人公達はその理由を目の当たりにして戦慄することになる。

    京都が舞台で、主人公が学生ということもあってストーリーの雰囲気は森見作品に近い印象を受けた。読みながら京都の街を歩いてみたいという衝動に駆られる。

    女性の鼻の美しさに執着するちょっと危ない主人公と、その友人で後にちょんまげ(表紙にも出ている)になる高村を除いてはそんなに強いキャラクターは無いが、京大青竜会という存在自体にクセがある。厳かでありながらどこかが抜けているのだ。
    途中、吉田神社で裸踊りをする儀式があるのだが後書から察するにどうやらこれは万城目氏の実体験らしい(笑)

    ほのぼのなファンタジーがお好きな方は是非。

    評価:
    万城目 学
    産業編集センター
    ¥ 1,260
    (2006-04)

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM